Cloud Shared Office Sync

リアルタイムのファイル共有でビジネスがさらに加速。 世界中どこにいても、会社と同じPC環境を実現へ。

外出先でも自宅でも、会社内と同じ作業環境に
リアルタイムに最新ファイルをオンラインで閲覧・編集

会社のPCも自宅のPCも、あらかじめ同期設定しておけば、どのPCでも同じ作業環境をそのまま再現でき、リアルタイムにファイルを閲覧・編集することが可能。わざわざ会社から自宅へ作成途中の資料をメールで送る必要がありません。また、クライアントPCも同期しておけば、クラウド上のファイルをアップデートするだけで瞬時にファイル共有できます。


課題

膨大な資料を常に最新版にし、
チームでのファイル共有が大変

解決

リアルタイム共有で、常に最新版の資料を閲覧できます
顧客先での急な提案にもスピーディーに対応可能です

製品資料や営業資料が頻繁に更新され、商品価格も変更するため、資料が新しくなるたびにダウンロードが必要でした。さらに、最新版の資料かどうか分からず、顧客に古い情報や価格を提案してしまう場合も。CSO Syncなら、どこにいてもリアルタイムに最新ファイルが共有されるので最新情報を提案可能。また、資料の更新のたびにダウンロードしてPCに保存する必要がなくなり、業務効率が上がります。

課題

頻繁に更新されるマニュアルの確認やダウンロードが手間

解決

常に最新版のマニュアルに更新され、
作業効率がアップ
作業ミスやトラブルを減らせます

新製品や修理マニュアルなどは更新頻度が高く、いつどの資料が最新なのか分かりづらいのがデメリット。最新マニュアルのダウンロード漏れにより、古いマニュアルで対応し作業ミスが頻繁になり、製品サポートへ問い合わせやクレームが増えることも。CSO Syncは、リアルタイムに最新マニュアルが共有されます。マニュアルのバージョン違いによる作業ミスを事前に防ぐことが可能です。


ファイル共有サービスを、企業でも活用するために。
セキュリティをしっかり考え、一歩先行く企業をサポート。

1

毎回のファイル更新の連絡が不要で
自動ワークフローで作業効率アップ

CSO ECMにファイルを置くだけで自動的にワークフローを流すことが可能。承認者が承認するだけで自動的に同期が行われ、かつメールやアプリ経由での通知も行われ、驚くほど仕事が早くなります。

2

同期するユーザーごとに細かく管理可能
複数のパソコン・端末の一括管理も便利

CSO ECM上で管理者がユーザーごとに細かく設定。部署や役職を指定してファイルの閲覧・共有はもちろん、ファイルの承認や差し戻しなどの権限を与えることができます。全ユーザーが効率良いワークフローで業務を実行でき、複数のパソコンやモバイル端末によるファイル共有状況なども把握でき、一括管理にとても便利です。

3

いつ・誰がファイルを更新したのかも把握
情報共有を効率化するユーザー証跡管理を

CSO Syncは一般のファイル共有サービスとは異なり、いつ・誰がファイルを更新したのかダウンロードしたのかを把握することができます。CSO ECMのユーザー証跡管理を活用し、セキュアに情報を扱うことが可能となり情報共有の効率化へ。特定ユーザーの証跡も検索でき、CSVファイルでの抽出も可能です。

4

管理者がファイル操作の制限・禁止を管理
情報の持ち出しによる漏洩を未然に防止

CSO ECM上で、管理者がファイル送信のルールを設定することでファイル操作を制限したり、持ち出しを禁止にすることが可能です。さらに、権限を与えられたユーザーによる承認がされない限り、ファイルの送信は開始されません。重要機密情報のやり取りを行う場合も、不適切な持ち出しをさせず、情報漏洩を未然に防ぎます。


システム導入は、複雑な作業が一切なしで短時間でラクラク。

管理者設定
ユーザー設定

Salesforceのファイル管理を
もっと便利に

ECM for Salesforce

Salesforceには豊富なファイル管理機能が揃っていますが、容量や管理方法の制限を理解した上で使いこなす必要がありました。
Cloud Shared Office ECM for Salesforceなら、制限や用途を気にせず、ファイルの管理も共有も配信も全てワンストップで。社内外とのコラボレーションがさらに加速します。


J-Stream Equipmediaとのサービス連携で
さまざまなデバイスで
リアルタイムストリーミング可能

プレゼンや研修などの場において、動画のニーズはますます高まる一方、その容量の大きさゆえに持ち出しや閲覧が面倒という難点がありました。Cloud Shared Officeは高画質動画のストリーミング配信に強い「J-Stream Equipmedia」と連携。ビジネスの即戦力ツールとしての動画をスムーズに活用できます。

もっと素敵な伝え方を。jstream

国内で500社以上が利用している
動画配信プラットフォーム

導入事例

Cloud Shared Office ECM + Sync

世界中の支店のファイルが常に最新版に。最新マニュアルが必要な現地担当者への共有もサーバーへのアップロードだけです。

株式会社シスメックス様

主な機能

機能一覧を見る

認定機関もしっかり認めた、
安全なクラウドサービス。

ASP SaaS 安全・信頼性 情報開示 認定

Cloud Shared Officeは、財団法人マルチメディア振興センターより、安全・信頼性の情報開示基準を満たしているASP・SaaSサービスであることを認定する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得。クラウドサービスだからこそ、安心安全にこだわりました。

30日間無料トライアルも実施中!
お気軽にお問い合せください。