機能一覧

機能一覧

機能名 説明
帳票出力
帳票出力 標準オブジェクト・カスタムオブジェクトの詳細ページ・リストビューより、帳票出力が可能。
プレビュー 出力前にプレビューで出力内容の確認が可能。
NEWプレビュー印刷 出力前に自動プレビューで出来栄えを確認し、そのまま印刷可能。
ユーザ入力 出力時にユーザが入力した内容を帳票に埋め込むことが可能。
自動採番 出力時に自動で採番した番号を帳票に埋め込むことが可能。
PDFパスワード 出力PDF帳票を開くためのパスワード・文書に権限を設定するためのパスワードを、ユーザが設定することが可能。
活動履歴の出力 活動履歴オブジェクトの関連先項目に紐づく、複数のオブジェクトを帳票出力可能。活動履歴と取引先、 カスタムオブジェクトを一緒に帳票出力可能。
Salesforce1
帳票出力 モバイルのSalesforce1アプリケーションから帳票出力が可能。
帳票保管
ドキュメントフォルダ 出力先にSalesforceの「ドキュメントフォルダ」を指定可能。
メモ&添付 出力先に各オブジェクトの「メモ&添付」を指定可能。
CSO ECM連携 出力先にCloud Shared Office ECMのスペースを指定し文書管理連携が可能。
ToDo出力 出力先に各オブジェクトの「活動予定(新規ToDo)」を指定可能。
オーバレイ管理
スペース管理 オーバレイをスペース(フォルダ)ごとにツリーとリストで管理。
バージョン管理 オーバレイを変更する際、オーバレイファイルのバージョン管理が可能。
オーバレイ登録 名前や説明、バージョンを登録。
帳票定義
帳票定義管理 作成したオーバレイの帳票定義を登録・変更・削除。
マルチオーバレイ 1つの帳票の中にデザインの違うオーバレイを組み合わせることが可能。
マルチオブジェクト オーバレイごとにオブジェクトを指定して出力が可能。1帳票内に複数のオブジェクトの出力ができます。
マッピング Salesforceの項目を出力先のExcelオーバレイのフィールドとマッピング。ドラッグ&ドロップで簡単にマッピング可能。
自動マッピング Excelオーバレイに、あらかじめSalesforceの項目名をセットしておくことで、帳票定義作成時に自動的に項目マッピングが可能。
カテゴリ 帳票定義オブジェクトに独自のカテゴリを作成して割り当てることが可能。リストビューでの表示時にカテゴリ単位での表示が可能になる。
権限管理 帳票定義の利用権限をユーザ、Salesforceのロール、公開グループ単位で設定可能。
PDFセキュリティ 帳票出力時のPDFファイルのセキュリティを設定可能。
履歴 帳帳票定義の変更に関する履歴を参照可能。
関連リスト検索 関連リストのデータをフィルタして帳票出力が可能。
WebReport設定(ユーザ管理)
WebReportユーザ一括管理 Salesforceの標準ユーザを複数人まとめてWebReport for Salesforcseへ登録・更新可能。
公開グループとロールの連携 公開グループとロールを、WebReportのグループと部署・役職に同期。
WebReport設定(組織管理)
使用量通知 指定したしきい値に達した際に出力ページ数を通知可能。
WebReport設定(帳票定義設定)
使用可能オブジェクト設定 帳票定義で使用する標準オブジェクトおよびカスタムオブジェクトを設定する。追加されたオブジェクトからの帳票出力が可能。
自動採番設定 帳票定義で使用する自動採番の設定が可能。
WebReport設定(サービス管理)
利用状況 一定期間内の利用状況を参照可能。
WebReport設定(サポート)
サポート履歴 サポートへの問い合わせの履歴を参照可能。
サポート設定 サポートへの問い合わせ担当ユーザを設定。
帳票出力履歴
帳票出力履歴 出力したユーザ、時間、帳票名等の履歴を参照可能。
再出力 出力履歴から帳票の再出力が実行可能。その際、データを編集しての出力が可能。
証跡管理
WebReport証跡 「いつ、誰が、何をしたか」システムの全証跡をリアルタイムに記録し、管理・検索可能。
オーバレイデザイン機能
Excelデザイン オーバレイは、使い慣れたEXCELでデザイン。
固定オーバレイ オーバレイが固定の帳票を作成可能。
縦可変オーバレイ データの量に合わせて、明細行を自動コントロール。例えば、10件ごとに上から下に明細を表示し、10件を超えると次のページに表示する。
横可変オーバレイ データの量に合わせて、明細行を自動コントロール。例えば、10件ごとに左から右に明細を表示し、10件を超えると次のページに表示する。
デザインコントロール データの条件に合わせて、明細行の位置をコントロール可能。Excelの行に「ページヘッダ」など15種類あるパーツをセットすることで、帳票上の出力位置を指定可能。
複数カラムオーバレイ 明細を1ページに縦や横に複数列配置することが可能。
ページ/カラムブレイク 明細データの値に対して、条件により次のページや次のカラムへ明細を表示。
明細グルーピング 条件を満たす明細を一つにまとめ、ヘッダやフッタを出力し、この単位で合計などの算出が可能。
サマリ 明細データに対して合計を算出できます。
計算式と関数 データマッピングする際に四則演算とSUM関数等を用いて計算可能。
バーコード QRコードなど多種のバーコードを出力可能。
外部イメージ 外部に存在するイメージをhttp経由で帳票に表示可能。
NEWメモ&添付イメージ メモ&添付に保管しているイメージを帳票に表示可能。
マルチオーバレイ 1つの帳票の中にデザインの違うオーバレイを組み合わせることが可能。
マルチデータ オーバレイごとに違うデータを使用して帳票を作ることが可能。
サブレポート 帳票に別の帳票を埋め込む事が可能。
Excelグラフ Excelのグラフを配置することが可能(拡張子xlsxの場合のみ)
NEWExcel非表示シート オーバレイ上で非表示のシートを出力時に隠すことが可能。

WebReport for Salesforceオプション一覧

機能名 説明 Start Small Medium Large
要契約PDFオプション PDF帳票を出力ファイルとして追加可能。
要契約Excelオプション Excel帳票を出力ファイルとして追加可能。
要契約出力ルールオプション <自動出力設定>
帳票出力のタイミングを、スケジューリングすることで、定期的に自動で帳票出力することが可能。

<手動出力設定>
任意のユーザが帳票を出力する際に、ファイル名・保存先・ファイル形式(PDF or Excel)・Chatter通知先等を事前にルールで指定することが可能。

<マルチオブジェクト出力設定>
オーバレイごとにオブジェクトを指定して出力が可能。1帳票内に複数のオブジェクトの出力ができます。
NEW帳票定義SDK ApexなどのプログラムでSalesforce内の”帳票定義”を呼び出し、帳票データを生成するためのSDKです。