バージョン管理や世代管理

  1. HOME
  2. コラボレーションプラットフォーム for Salesforce
  3. 主な機能
  4. バージョン管理や世代管理

ファイルのバージョン管理や世代管理

とても柔軟なバージョン管理機能により、文書管理システムと同等のファイル管理が実現できます。製造業様など、多くの文書に何度も更新をするようなシーンにて非常に効率的な管理が可能です。

Salesforceの標準機能

問題点

・メジャーバージョンの管理しかできない。
・容量制限がある。


コラボレーションプラットフォーム for Salesforceでは

版数(バージョン)管理

Cloud Shared Office ECM for Salesforceなら同名ファイルのアップロード時にメジャー、マイナー、リビジョン、ビルドの4段階管理を選択。過去のファイルの削除や取得も取得可能です。

改善点

・複数段階のバージョン管理が選択可能
・過去のファイルを取得可能
・容量制限を気にせずに履歴の保存


世代管理

指定したスペースに対して、組織全体のルールとしてファイルの世代管理が可能。世代を超えた場合、古いバージョンを自動的に削除し、スペース容量を確保することができます。


コラボレーションプラットフォーム for Salesforceのお問い合わせは

03-6722-5015(平日10:00~18:00)
  • 資料請求
  • 無料トライアル
  • お問い合わせ