サービス仕様

  1. HOME
  2. サービス仕様

1 サービス概要

Cloud Shared Office (以下「本サービス」)は、株式会社ソルクシーズ(以下「当社」)が提供する以下のサービスの総称です。

ご提供するサービスの詳細は以下のとおりです。

① Cloud Shared Office ECM

クラウド型コンテンツ(文書)管理サービスです。ブラウザとインターネット回線でセキュアなコンテンツ(文書)の管理、バージョン管理や排他制御、共有やコラボレーションが可能です。その他、大容量ファイル配信、ワークフローなど、企業のオフィス環境に必要な機能をご提供します。

② Cloud Shared Office WebReport

クラウド型帳票出力・電子帳票サービスです。システムからのアウトプットとオーバレイをマッピングして、直接プリンタに印刷(DirectPrint)、クラウド型電子帳票(ReportWarehouse)、PDF生成出力及びExcel生成出力(Composer)が可能です。大容量大量印刷にも対応する印刷ジョブスプールもご利用になれます。オンプレミスからのデータ連携には、Boxというアプリケーションを利用します。
また、拠点印刷には、ClientPrintという印刷エージェントを利用します。

③ Cloud Shared Office ECM for Salesforce

CSO ECMのSalesforce版です。AppExchangeアプリケーションとしてご提供しています。

④ Cloud Shared Office WebReport for Salesforce

CSO WebReportのSalesforce版です。Salesforceの標準オブジェクトやカスタムオブジェクトからPDF帳票やExcel帳票を生成し、SalesforceまたはCSO ECM、CSO ECM for Salesforceに保管してアクセス管理、共有やコラボレーションを実現できます。

⑤ Cloud Shared Office Sync

Cloud Shared Office ECM、もしくはCloud Shared Office ECM for Salesforce 上のユーザがアクセス可能なスペースとクライアントPC上フォルダを自動で同期するためのクライアントアプリケーションです。最新バージョンのファイルを自動でユーザと共有するためのオプション機能を提供します。

⑥ Cloud Shared Office Face

Cloud Shared Office ECM、とCloud Shared Office ECM for Salesforce をモバイル端末から利用するためのクライアントアプリケーションです。管理者機能以外の基本的な操作をモバイルアプリケーションで提供します。

⑦ Cloud Shared Office RapidShot

大容量ファイルをセキュアかつ高速に転送するために開発されたソフトウエアです。UDPベースのテクノロジーを利用し、インターネット帯域を最大限に活用、従来のネットワークでは送信できなかった大容量ファイルの授受を可能とする転送サービスを提供します。

1.1 定義

本サービス仕様に記載されている用語の意義は下記のとおりです。
サーバ : 当社が用意するクラウドサーバです。
クラウド : クラウドコンピューティングサービスを指すものとします。
コンテンツ : オフィス文書やイメージファイル、ムービーファイル等の電子ファイルです。
帳票 : 当社においての帳票とは、基幹システムや業務システムと連携して、生成する見積書や請求書等の伝票類だけでなく、グラフなど挿入した成績書、売上レポートなどシステムと連携して生成するレポート全般を指すものとします。

1.2 本サービス概要

クラウド環境のサーバにおいて、インターネット経由で以下、各項のサービスを提供いたします。

1.2.1 ECM(コンテンツ・文書管理)サービス

本サービスは、お客様が保有する、文書やイメージなどのファイル(以下、コンテンツ)をパブリックなインターネット回線を通じて、クラウド上のコンテンツ管理システムに格納し、格納したコンテンツの共有、コンテンツの配信、コンテンツの排他制御(以下、チェックイン・チェックアウト)、コンテンツの版数管理、コンテンツドリブンのワークフロー、及び、権限によるページやコンテンツに対するアクセス管理を提供します。

1.2.2 Salesforce版 ECM(コンテンツ・文書管理)サービス

1.2.1同様にSalesforce.comをご利用のお客様が、AppExchangeより当社アプリケーションをインストールすることで、Salesforce画面にて利用可能なコンテンツ管理サービスを提供します。
ただし、ECM(コンテンツ・文書管理)サービスとは提供する機能に一部差異があります。

1.2.3 帳票出力・電子帳票サービス

本サービスは、お客様のシステムからのアウトプットデータをパブリックなインターネット回線を通じて、クラウド上の帳票出力・電子帳票システムに格納し、事前に設計したオーバレイとマッピングして帳票イメージを生成します。生成後は、PDFファイル形式またはExcelファイル形式での出力やHTML形式の電子帳票保管、及びインターネット回線を通じて遠隔地のプリンタに直接印刷し、その印刷ステータスを管理するジョブスプールサービスを提供します。

1.2.4 Salesforce版帳票出力サービス

1.2.3と同様にSalesforce.comをご利用のお客様が、AppExchangeより当社アプリケーションをインストールすることで、Salesforce画面にて利用可能な帳票出力サービスを提供します。
ただし、帳票出力・電子帳票サービスと提供する機能に一部差があります。

1.2.5 ファイル同期サービス

Cloud Shared Office ECM または Cloud Shared Office ECM for Salesforce をご利用のお客様が、当社クライアントアプリケーションをPCにインストールすることで、Cloud Shared Office ECM または Cloud Shared Office ECM for Salsforce に配置したコンテンツをクライアントPCにリアルタイムで同期します。

1.2.6 モバイルアプリケーション

モバイル端末において、インターネット経由でクラウド環境のサーバと連携し、以下のサービスを提供いたします。

 1.2.6.1 ECM(コンテンツ・文書管理)サービス(モバイル)

 Cloud Shared Office ECM または Cloud Shared Office ECM for Salesforce をご利用のお客様が、当社モバイルアプリケーションを端末にインストールすることで、Cloud Shared Office ECM または Cloud Shared Office ECM for Salsforce の管理者機能など一部機能を除き、モバイル端末からご利用いただけます。

1.2.7 高速ファイル転送サービス

本サービスは、お客様が保有する大容量の動画、図面、画像などのコンテンツを、パブリックなインターネット回線の帯域を最大限利用し、高速且つセキュアな配信サービスを提供します。配信するコンテンツは暗号化し、配信後のダウンロードの状況やワークフローの承認後に配信するなどの業務と連携したファイルの授受がご利用いただけます。

1.3 サービス範囲

サービス範囲については、「2.サービス仕様」記載のとおりとします。

2 サービス仕様

本サービスが提供する詳細仕様は以下各項の通りです。

2.1 ライセンスとエディション

ご利用になるライセンスごとに、ご提供する機能を定めております。
ライセンスは次のとおりです。エディションによって利用できない機能がございます。

ライセンス名 エディション
Cloud Shared Office ECM Group
Collaboration
Business
Enterprise
Global
Cloud Shared Office WebReport DirectPrint Start
Small
Medium
Large
Cloud Shared Office WebReport ReportWarehouse (RWH) Start
Small
Medium
Large
Cloud Shared Office WebReport Composer Start
Small
Medium
Large
Cloud Shared Office ECM for Salesforce Collaboration
Business
Enterprise
Global
Cloud Shared Office WebReport for Salesforce Start
Small
Medium
Large
Cloud Shared Office Face エディション区分なし
Cloud Shared Office Face for Salesforce エディション区分なし
Cloud Shared Office Sync Basic
Plus1
Plus2
Plus3
Plus4
Cloud Shared Office RapidShot クライアント
クラウド
オンプレミス

※ライセンス、および、エディションの構成は変更することがございます。
※Cloud Shared Office Face for Salesforce は、Sales CloudのGroupエディション、Marketing Cloudではご利用頂けません。

2.2 Cloud Shared Office ECMの機能

2.2.1. Cloud Shared Office ECM 機能一覧

ECMの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.2.2. 保管可能なファイルの種類

本サービスに保管可能なファイルの形式は、原則問いません。ただし、以下の種類のファイルを保管する場合には、当社へ確認して頂く必要があります。

  • CAD等で利用するファイル
  • 医療関係等で利用するファイル
  • 軍事機器等で利用するファイル
  • その他、一般的なオフィスアプリケーション、画像、音楽、映像以外の特殊なファイル

2.2.3. 保管可能なファイル数とサイズ

本サービスに保管可能なファイル数、ファイルの最大サイズは以下の通りです。

  • ファイルの一括アップロード数は無制限
  • ファイルの最大サイズは無制限

上記は、あくまで制限を設けておらず、保証するものではありません。よって、アップロードできるファイル数やファイルサイズは、お客様環境、及びインターネット回線の状況に依存します。

2.3 Cloud Shared Office WebReportの機能

2.3.1. Cloud Shared Office WebReport 機能一覧

WebReportの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.4 Cloud Shared Office ECM for Salesforceの機能

2.4.1. Cloud Shared Office ECM for Salesforce 機能一覧

ECM for Salesforceの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.5 Cloud Shared Office WebReport for Salesforceの機能

2.5.1. Cloud Shared Office WebReport for Salesforce 機能一覧

WebReport for Salesforceの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.6 Cloud Shared Office Syncの機能

2.6.1. Cloud Shared Office Sync機能一覧

Syncの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.7 Cloud Shared Office Faceの機能

2.7.1. Cloud Shared Office Face機能一覧

Faceの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.8 Cloud Shared Office Face for Salesforceの機能

2.8.1. Cloud Shared Office Face for Salesforce機能一覧

Face for Salesforceの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.9 Cloud Shared Office RapidShotの機能

2.9.1. Cloud Shared Office RapidShot機能一覧

RapidShotの機能に関しては、別紙、「CSOシリーズ機能一覧表」をご覧ください。

2.10 利用可能な言語

本サービスは、日本語、英語、中国語(簡体字)でのサービスを提供いたします。

2.11 推奨利用環境

CSOの各サービスにおける推奨利用環境は、別紙、「CloudSharedOffice 推奨利用環境」をご覧ください。

2.12 必要なアプリケーションやプラグイン

サービスごとに下記のアプリケーションやプラグインが必要です。

ライセンス名・オプション名 必要なアプリケーション 備考
Cloud Shared Office ECM Silverlight ファイルのアップロードで利用。
Cloud Shared Office WebReport BOX オンプレミスから帳票データを渡すには、CSO BOXをインストールする必要があります。
ClientPrint WebReportサービスのスプールからプリンタへ直接印刷するには、CSO ClientPrintをインストールする必要があります。
Cloud Shared Office Face CSO Face iOSもしくはAndroidモバイルを上でCSOに保存されたファイルの閲覧、ダウンロードするためには、AppleStoreもしくはGooglePlayからアプリをインストールする必要があります。
Cloud Shared Office Face for Salesforce CSO Face for Salesforce iOSもしくはAndroidモバイルを上でCSOに保存されたファイルの閲覧、SalesforceへChatter投稿などするためには、AppleStoreもしくはGooglePlayからアプリをインストールする必要があります。
Cloud Shared Office Sync CSO Sync CSO上のスペースとクライアントPCのフォルダを同期するには、CSO Syncをインストールする必要があります。
Cloud Shared Office RapidShot CSO RapidShot クライアントエディションのみJAVAの最新版の実行環境をインストールする必要があります。

2.13 クライアントアプリケーションのライフサイクルポリシー

クライアントアプリケーションのサポート提供期間、および提供内容の基本方針をまとめたものです。本ポリシーはこれらの期間を明確にすることにより、導入する際に将来の予測をたてやすくすることを目的としています。

2.13.1 ライフサイクルポリシーの対象クライアントアプリケーション

ライフサイクルプリシーが適用される対象のアプリケーションは以下の通りです。
・Cloud Shared Office Face
・Cloud Shared Office Face for Salesforce
・Cloud Shared Office Sync
・Cloud Shared Office RapidShot

2.13.2 サポートサイクル

各クライアントアプリケーションのサポート対象期間は別紙「サポートサイクル」をご確認ください

3 サービス提供条件

3.1 提供エリア

本サービスは、日本の禁輸国(アフガニスタン、コンゴ民主共和国、コートジボワール、エリトリア、イラク、レバノン、リベリア、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン)における本サービスのアクセス、もしくは利用、または日本の輸出管理法令に違反した本サービスのアクセス又は利用を許可しないものとします。
さらに、米国の禁輸国(現在キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン及びシリア)における本サービスのアクセスもしくは利用、又は米国の輸出管理法令に違反した本サービスのアクセス又は利用を許可しないものとします。

3.2 サービス提供時間

本サービスの提供時間は、原則24時間365日とします。ただし、当社メンテナンスにおける計画停止、サービスのアップグレードにおける計画停止、当社事情による緊急停止等による時間帯は提供時間の範疇ではありません。これらは全て約款に基づきます。詳しくは、「Cloud Shared Office 利用約款」をご覧ください。

3.3 計画停止

CSOサービスのメンテナンスにおける計画停止、サービスのアップグレードにおける計画停止、当社事情による緊急停止等による時間等に関しては、「Cloud Shared Office 利用約款」が前提となります。
ただし、実際の運用では、約款に記載の全ての時間帯を停止せず、日本時間の毎月第4週目の土曜日の午後22時から日曜日の午前8時を目安としています。

3.4 目標復旧時間

サーバ機器の障害発生時は、データセンター運用管理会社のRTOに従うこととします。
アプリケーションの障害発生時は、当社が障害を検知したときから24時間を目標とします。

3.5 作業環境

3.5.1 作業場所

当社は、本サービス提供に係わる一連の作業を、当社事業所内または当社が別途定めた場所で行うものとします。

3.5.2 適応する作業基準

当社は、本サービスに係わるSE作業、その他を、当社が定める作業基準に従い実施するものとします。

3.6 運用前提

3.6.1 システム稼働環境

当社は、本サービス提供に係わるシステムの稼働場所として、当社の品質基準、セキュリティ基準を満たしたデータセンターを利用するものとします。

3.6.2 運用前提

当社は、本サービスにおけるお客さまに対しての通知手段として、ウェブサイト、電子メールのみを用いるものとします。

3.7 仕様変更管理

3.7.1 本サービスの仕様変更、及び不具合対応について

当社は、本サービスに係わる改善、不具合対応を、当社の判断により実施するものとします。

3.7.2 通知について

当社は、本項3.7.1に関するお客様への通知を、「3.6.2 運用前提」と同様の手段で行うものとします。

3.8 品質確保基準

3.8.1 品質

本サービスは、当社にて検査を行い、当社の定める品質基準に適合するものとします。

3.8.2 性能

本サービスの提供は、インターネットを経由するため、その特性上、ダウンロード、アップロード速度等に対し特定の性能目標は定めないものとします。

3.8.3 信頼性

当社が提供するサービスの稼働率は、「3.2 サービス提供時間」の時間を除き、99.9%を目標とします。

3.9 証跡

利用者の証跡データは、5年間を保管期間とします。

3.10 ファイルのバックアップ

利用者が保管したファイルのバックアップデータは、5年間を保管期間とします。

4 課金

4.1 コースと課金方式

各サービスによって、コースや課金方針が異なります。
コースや課金の考え方については、別紙、「Cloud Shared Office価格表」をご覧ください。

4.2 利用料金

ライセンス毎に料金が異なります。
利用料金および契約形態に関しては、別紙、「Cloud Shared Office価格表」をご覧ください。

5 サポート

5.1 サポートサービス

本サービスは、1つの無償サポートサービスと、2つの有償サポートサービスを提供します。
サポートサービスの種類や内容については、別紙、「Cloud Shared Officeサポートメニュー」をご覧ください。

5.1.1 サポート利用条件

有償サポートサービスをご利用になるお客様は、無償サポートサービスを利用することはできません。

5.1.2 クライアントアプリケーションのサポート

CSO Sync 、CSO Face及びCSO RapidShotをCSO ECMと合わせてご契約した場合、CSO ECMのオプション製品として取り扱います。このためサポート契約は、「CloudSharedOffice サポートメニュー」のECMサポートサービスの内容に準拠します。
尚、CSO RapidShotを単体でご契約した場合は、「CloudSharedOffice サポートメニュー」のCSO RapidShotサポートサービスの内容に準拠します。

6 その他の条件、留意事項

6.1 ユーザIDの使い回しについて

ユーザID、パスワードの漏えいリスクが高まり、セキュリティレベルの低下を招きますので、1つのIDを複数人で共有することは禁止します。

6.2 共用端末でのご利用について

共用端末でのご利用は、情報漏洩セキュリティを担保できないため、データの流出、損失の保証はいたしません。

6.3 CSO Faceのオフライン時のファイルの取り扱い

CSO Faceのダウンロードしたファイルの管理やアプリケーションロックは、契約者の管理者自身で行っていただきます。モバイル端末紛失時の当社のデータの流出、損失の保証はいたしません。