いつでも、どこでも、どの端末でも
ファイル閲覧・共有を。
モバイルを活用する
時代のビジネスツール。

Face
  • AppExchange partner of the year
  •  最新イベント・セミナー情報
  • クラウドアワード2015 ベスト海外展開賞受賞 !

PDFやエクセル、画像や動画をモバイルでチェック。
スマートフォンやタブレットをセキュアに活用。

どこでもファイル共有 写真やその他のファイル共有アプリからファイル取り込み可能

モバイルを活用して、現場業務を猛烈サポート。

Face 利用シーン

営業プレゼン

最新資料をスマートに、
その場で提案

重たいノートパソコンを運んでプロジェクターにセッティング、起動も遅く準備に手間取る。タブレットなら簡単にその場でプレゼンが可能。持出したタブレット端末で会社の最新の資料を参照して提案ができます。

Face 利用シーン

緊急のファイル送信

外出先からでも
クライアントにファイル共有

「あのファイルを送ってほしい」などの急なお願いでもスマートフォンで会社の資料を確認してすぐに送れます。

Face 利用シーン

現場作業

現場写真を瞬時に共有し、
事業もスムーズに

工事現場で撮影していた写真。今までは会社に一度戻り、カードリーダー経由で会社のストレージにアップしていました。Faceではスマートフォンで撮影し、そのまま会社のメンバーと共有できます。


社外でも安全に使える、モバイル端末用のセキュリティを

共有ファイルはセキュアなアプリ内管理
他のアプリでの公開やファイル持ち出しを制限

ユーザーのモバイル端末はリモート管理
紛失・盗難してもロックして情報漏洩を防止

BYODとは
従業員が個人で持っているモバイル機器を職場に持ち込んで使用することを、BYOD (Bring your own device)といいます。最も心配されるのは情報の漏洩ですが、企業側としては機器を支給するコストが省け、従業員としては自分の使い慣れた機器を利用できるというメリットがあります。

出典: IDC Japanプレスリリース 「2013年 国内BYOD利用実態調査結果を発表」(2013年1月17日)

BYODユーザー数の増加予測

さらに便利なCSO Faceの機能

オフラインでファイル参照可能
電波状態を気にせずビジネスに集中

電波の入りにくい会議室で打ち合せがある場合でも安心。ファイルを事前にダウンロード可能なので、オフラインでもモバイルでの提案ができます。地下鉄や病院など電波制限されている場で仕事の合間を活かした資料チェックも。電波状態を気にせずビジネスに集中できる環境が手に入ります。

端末付属のカメラで撮影した画像をそのまま共有
ファイル持ち出し制限で安心安全

現場で撮影し、そのまま画像をストレスなく共有したいなら、CSO Faceがおすすめ。使用しているモバイル端末付属のカメラで撮影した画像は、そのまま連携しているサービス CSO ECMへ高速アップロード。さらに万が一、お使いのデバイスを紛失しても端末単位のロック機能により情報漏洩を防ぐことができます。

スマートフォンで確認や作業、決裁も可能
スピードが要求される案件にもしっかり対応

資料をすぐに共有しなければならないのに、社内のPCでしか共有できないという悩みはありませんか?スマートフォンとCSO Faceがあれば、クラウド上で高速送信でき、時差なく共有が可能です。じぶんの手の中でいつでもどこでも資料確認、作成作業もでき、さらに決済もできるのでとても便利です。

動画などの大容量サイズのデータを
セキュアにクラウドでラクラク送信

メールでは容量オーバーしてしまうような大容量サイズのデータや画像を送信できなくて困ったことはありませんか?CSO Faceはクラウド上でファイルサイズや数の制限なく、複数メンバーに一斉送信する際にとても便利です。さらにSSLによる送信や、パスワード設定などセキュリティ対策もしっかりしています。


Salesforceと連携すれば、さらにモバイルが便利に。

ECM for salesforce

ファイルの更新情報は
随時、Chatterで自動通知

ファイル更新の時、Chatterグループに投稿でき、メンバーに自動通知されます。

chatter

取引先や商談情報の
オブジェクトも閲覧可能

Salesforceの取引先や商談オブジェクトに紐付き、全て確認できます。

Salesforce1とも
ラクラク連携可能に

モバイルデバイスに対応するSalesforce1と簡単にシステム連携ができます。

Salesforce1

その他のサービスラインナップ

ECM

オプションラインナップ

Cloud Shared Office ECM

どのスタッフとでも、
安全に、快適にやりとりを

快適な操作性ときめ細かな管理機能を備えたクラウド上の作業環境で、社内/社外を問わないセキュアなファイルのやりとりを実現。

Cloud Shared Office RapidShot

超高速な送受信で
大容量ファイルも簡単転送

大容量のファイル送受信を超高速化。日本と北米など物理的に距離がある地域間でも、通信ロスのない効率的な転送を実現します。

Cloud Shared Office Sync

自動更新で最新ファイルを
いつ・どこからでも利用可能

自動ファイル同期により、ユーザーPC内の大切なファイルはリアルタイムに同期され、どこにいても常に最新のファイルを利用可能です。


J-Stream Equipmediaとのサービス連携で
さまざまなデバイスでリアルタイムストリーミング可能

プレゼンや研修などの場において、動画のニーズはますます高まる一方、その容量の大きさゆえに持ち出しや閲覧が面倒という難点がありました。Cloud Shared Officeは高画質動画のストリーミング配信に強い「J-Stream Equipmedia」と連携。ビジネスの即戦力ツールとしての動画をスムーズに活用できます。

もっと素敵な伝え方を。jstream

国内で500社以上が利用している
動画配信プラットフォーム


認定機関もしっかり認めた、安全なクラウドサービス。

ASP SaaS 安全・信頼性 情報開示 認定

Cloud Shared Officeは、財団法人マルチメディア振興センターより、安全・信頼性の情報開示基準を満たしているASP・SaaSサービスであることを認定する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得。
クラウドサービスだからこそ、安心安全にこだわりました。


最新バージョンアップデート情報

2015-06-22

Face for Salesforce Ver. 3.0

新機能

・他アプリケーションからのファイルアップロードが可能になります。

機能強化

CSO関連リストについて強化を行います。

・Chatterの投稿時に他ユーザを指定したメンション投稿が可能になります。

 

バグ修正

既知のバグを修正しました。

詳細はリリースノートをご覧ください。

すぐにクラウドシェアードオフィスECMが試せるWebデモ実施中!

30日間無料トライアルも実施中! お気軽にお問い合せください。