株式会社ベネッセコーポレーション 導入事例

  1. HOME
  2. Cloud Shared Office 導入事例
  3. 株式会社ベネッセコーポレーション 導入事例
株式会社ベネッセコーポレーション

株式会社ベネッセコーポレーション

ナレッジ共有で営業力をアップ
常に最新の資料で提案ができる環境に


 Point

  • ■ 営業資料の保存場所を1カ所に → 資料を探す時間が従来の50%に
  • ■ 全国の営業がナレッジ共有 → 必要な知識を効率よく習得
  • ■ 作業の効率化が実現 → 営業活動に取り組む時間が増える

CSO ECM for Salesforceを導入した高校事業部では、高等学校向けに模擬試験や教材を提案している。時代とともに考え方や価値観が変化を遂げる「教育」の現場において、営業は常に新しい情報の提供や商品の提案が求められている。また、お客さまとの対話の質を高めるためには、営業担当者全員が、最新の情報や知識を共有しておくことも大切だ。しかし、資料の管理にさまざまな問題があり、それらが実現できない状況が続いていた。最新の情報が正しく早く共有されるために、業務の改善を図る必要があった。解決策としてコンテンツマネジメントシステムの活用が検討され、CSO ECM for Salesforceが導入された。

高校事業部の営業担当者は、日々の営業活動において3つの課題を抱えていた。まず、挙げられるのが「資料を探す時間がかかる」ということ。社内ではSalesforceをはじめ、ファイルサーバなどがファイルの保存場所として利用されており、資料がさまざまな場所に散在していた。そのため営業は、必要な資料や最新の資料を探すのに、多くの時間を費やさなければならない。2つ目が「知識を身に付けるのに時間がかかる」ということ。ベネッセコーポレーションでは次々に、新しいサービスが開発されており、新しい知識を身に付ける必要がある。そして3つ目がそういった課題に取り組む「時間が不足している」ということである。課題解決に必要なのは「ナレッジ共有」であるという共通認識のもと、高校事業部では活動をより充実させるための「営業ナレッジプロジェクト」を立ち上げた。プロジェクトメンバーはCSO ECM for Salesforceの展開を行い、各営業に情報の共有を呼びかけた。






事例download

会社概要
社名:株式会社ベネッセコーポレーション
所在地:岡山県岡山市北区南方3-7-17
 
利用製品

コラボレーションプラットフォーム for Salesforceのお問い合わせは

03-6722-5015(平日10:00~18:00)
  • 資料請求
  • 無料トライアル
  • お問い合わせ